京都の納涼床や川床で夏を楽しもう

京都の夏のイベントといえば、川の風を感じながら食事を取る納涼床・川床です。
京都の夏の風物詩ともいえます。
「鴨川納涼床」は、鴨川と並行して流れる小川の上に建てられた高床式の桟敷です。
納涼床・高床が省略されて「ゆか」と呼ばれています。
上木屋町・先斗町・西石垣・下木屋町の4エリアにまたがっており、現在では約100件の店舗が納涼床を行っています。
寿司・天ぷら・京懐石などの和食、イタリアンやフレンチなどの各国料理、創作料理、居酒屋など、お店は様々です。
山々を借景とした鴨川と大文字や南座を眺めながら、夏の暮れゆく時間を過ごすことができます。
5月と9月はランチ営業も行っています。
もう一つは、貴船や高尾の川床です。
貴船は京の奥座敷と言われることから、床(とこ)の間という言い方のように「かわどこ」と呼ばれています。
市内より北部で緑が多い避暑地のため、市街地とは全く違って夏でも涼しく感じるほどです。
川の上に設けられた座敷からは、手を伸ばせば届きそうなほど水面が近く、爽やかなせせらぎを聞きながらゆっくりと京料理を味わうことができます。
川床は多くの店が5月~9月の期間中にランチもディナーも営業しています。